お試し前によくある質問にお答え!コラーゲンQ&A

 
  
   

それは、年齢を重ねるごとに減少してしまうからです。
コラーゲンは20歳をピークに減少していくといわれています。 コラーゲンは本来、体内でつくることができますが、年齢とともにつくる量が少なくなってしまうのです。 「最近なんとなくハリがない」と感じている方は、コラーゲンが不足しているサインかもしれません。

   

糸がゆるんでしまうようにハリがなくなります。
ピンと張った糸がすこしずつゆるんでいく様子を想像してみてください。
コラーゲンは体のあらゆる場所に存在しているため不足してしまうと健康面や毎日のハリにも影響が現れます。
毎日こつこつ補給することが大切です。

 
 
  

コラーゲンの質にとことんこだわり、日本の高い技術で作られた日本製コラーゲンを使用しています。
においやくせの少ない、フィッシュコラーゲンを使用しており、動物性コラーゲンと比べ、脂肪分が少ないのが特徴です。 また、分子量を小さくした吸収されやすいコラーゲンペプチドを使用しているため、効率よくコラーゲンを補給できます。

   

寝る前がおすすめ!
就寝1時間前に飲み 22時~2時は寝ていることが大切です。
成長ホルモンの分泌が盛んになる22時から深夜2時にかけて、コラーゲンペプチドの血中濃度を高めることが大切です。
新しいコラーゲンを生み出す効率を高めることができます。

 
  

1.摂りすぎは良くありません。
10,000mg以上のコラーゲンを連日で摂取してしまうと、皮下脂肪としてセルライトに変化してしまうので、過剰摂取には注意が必要です。

   

2.揚げ物などの高脂肪食を摂りすぎることで、コラーゲンやヒアルロン酸の合成力が低下します。
更に糖分を摂りすぎるとコラーゲンを壊し、老化を加速させてしまいます。
コラーゲンを正しく活かすためには糖分と揚げ物を控えめにするのが鉄則です。

3.疾患のある人は気を付けて!
コラーゲンは健康な人にとっては栄養素ですが、病気の人にとっては脅威になることがあります。
たんぱく質をたくさん食べることは、腎臓に持病を持っていると、負担になる可能性があります。
また、たんぱく質をたくさん摂ってはいけない肝臓に関わる病気の方も摂取には注意が必要です。

 

しらゆきコラーゲンの作り方

Page Top